肌をこすらないことに気をつける

肌荒れ(あまりにもひどい時には、皮膚科での治療が必要でしょう)にいいお肌のケアのやり方のポイントは、洗顔することと保湿することの二つです。顔を洗う時の注意点ですが、とにかく肌をこすらないことに気をつけるようにして顔を洗うようにしてちょーだい。

顔をちゃんと濡らしてから、たっぷりと泡をたてた洗顔フォームをのせて、泡を利用して洗うようにします。

洗顔料をのこさないように、ちゃんととすすぐことも大切です。お肌のケアのためなら、顔を洗うときには髪の毛の生え際などの落としづらい部分まで、すすぎ残しの無いように洗い流しましょう。洗い流したアト、タオルを使いやさしく押さえるようにして水気を拭き去ります。万が一にも、ゴシゴシと拭いたりするのは辞めてちょーだいね。

むろん、清潔なタオルの使用が、大条件となるでしょう。敏感肌といえば乾燥肌でもあるといって良いくらい別物だとはいえない密接な関連性があるといえます。一度乾燥肌になると、ちょっとした外部からの刺激を感じても過剰な反応を起こし、肌に赤みが生じたり腫れたりといった肌トラブルが発生してしまいます。これは、乾燥のために肌表面の角質が薄くなって、外からの刺激を肌内部まで通しやすくなっていることがその原因なのです。美しい肌の秘密はズバリ、肌の水分をどう保つかというのがあります。水分が豊富にあればモチモチ・ピカピカなモチモチとした肌になります。何もお手入れをしないと水分はあっという間になくなります。

十分な量の化粧水で潤したら、たっぷりな馬油クリームで膜をつくるのが重要です。肌の荒れを予防するためには、顔を洗い終えたら、直後に化粧水等で保湿をします。どのようなものをつけるのかは、肌の質や状態によっても違ってきますし、体調によっても違ってくるでしょう。毎日、基礎化粧品の化粧水や乳液、美容液をつけるのではなく、肌状態とよく相談をしながらケアをしてちょーだい。

日常的にイロイロな保湿剤を用いると、本来お肌が持っている保湿機能が低下してしまいます。アトピーにかかっている場合は湿度が低いことによるかゆみも起こることが多いですから、乾燥肌用の入浴剤を使ったり、保水成分が十分に配合されているスキンケアを使用すると良いですね。その他にも、軟水を使って顔を洗ったり、体のケアをおこなうのもお薦めです。

軟水には肌を刺激する物質が混じっていないので、刺激に弱いアトピーの人にはとても良いのです。乾燥肌には保湿が重要です。乾燥肌の人は保湿を外からも内からも忘れないようにしてちょーだい。例えば、肌に直接水分補給をして、保湿をおこなうという意味です。

顔を洗う際には刺激の弱い洗顔料を使用するか、洗顔料を利用しないでぬるま湯で軽く付着した汚れを落とすように洗顔しましょう。顔を洗い終わったら、すぐに化粧水で肌をケアしてちょーだい。自分は敏感肌なんだからといって、敏感肌用のケア商品を使っていけばいいという所以ではありません。肌の状態は人によって違いますので、肌状態が敏感になっている場合には、必ず使う前にパッチテストを行ってちょーだい。さらに、肌の潤いを失わない為にも正しい方法で洗顔をしていくことが大切なのです。

肌を美しくすることとウォーキング(自宅やジムでできるマシンなどもありますが、外を歩くと脳への刺激にもなります)は全く無関係のように実感されますが、本当は密接関係にあります。姿勢を正しくして歩くと、スムーズにお肌へ血流が流れるので、代謝が高まり肌を綺麗にできますし、成人病と言われる高血圧や動脈硬化などを防ぐためにも良い結果がでています。最近、私はエッセンシャルオイルを使用してひとりで楽しんだり他の方にも喜んでもらってます。オイルの香りが特に大好きでリラックスできます。エッセンシャルオイルは心身の健やかさや癒し効果があるようです。植物の香りは心と体の悩みを穏やかにしてくれる効果があり、私にとってはスキンケア化粧品のようです。