月別アーカイブ: 2018年6月

肌のダメージに繋がる

肌にシミができてしまう最大の原因といえば紫外線ですが、ホルモンバランス(崩れてしまうと、月経不順や不正出血の原因になってしまいます)の乱れもまたシミに大聞く影響しているということをご存じでしょうか。例として挙げるなら、最近、CMなどの効果もあって世間に名を知られた「肝斑」です。この肝斑の原因こそがホルモンバランス(崩れてしまうと、月経不順や不正出血の原因になってしまいます)の乱れであり、主に妊娠中、出産の後によく姿を現すことが判明しているのです。ピルの服用によっても肝班の発症率は上昇すると言われており、原因が紫外線のシミと比較して完治する可能性が低いでしょう。40歳を過ぎてからのしわ防止について、ベストの方法はどのような方法か知りたいと思っている方が多いかもしれません。乾燥した肌をそのままにしておくと、、それだけでしわができるとも言われています。洗顔の後に適量の化粧水をコットンにとり、パッティングする方法も良いのですが、一生懸命にパッティングしすぎたら、反対に肌のダメージに繋がる場合もあるでしょう。

ふくませる化粧水は適量にして、そっとパッティングする方法が良いと言われています。肌のシミは、セルフケアによっても多少の改善は期待できます。ただ、シミを完全に消し去るとなったら困難でしょう。しかし、全く願望が無いワケではありません。美容専門のクリニックにかかれば除去することも可能なのです。シミの改善に悩んでいたら、一度、専門家に相談してみてはどうでしょうか。

聞いた話では、多くのクリニックで無料カウンセリングをうけ付けているそうです。

つい最近、毛穴の黒ずみの対策として、クレンジング、洗顔をちがうものに変えました。地中海の泥が配合されているクレンジングで、これで洗顔を優しくマッサージをしながら行なうと、毛穴汚れがしっかり取れるそうです。

愛用しているうちに、目立っていた黒ずみが気にならなくなってきました。そういったことで、早く全部の毛穴の黒ずみを消したいと思います。女性は出産後、体が妊娠前の状態に戻ろうとします。

ホルモンは生理周期でも変化しますが、妊娠により数ヶ月以上安定していたあとは影響が大聞く、肌にもトラブル(しみ、しわ、過敏症等)が生じることは避けられません。肌のすこやかさを保つエストロゲンといわれるホルモンが少なくなるので、肌は乾燥に傾く場合が殆どのようです。

夏場は湿度のせいで気づかず、秋になって悪化するので注意が必要です。

表皮バリアが薄いので肌が敏感になるので、低刺激で無添加のスキンケアアイテムを選び、うるおいを補填するようにケアしていきましょう。

授乳期のママはおこちゃまのことで手一杯かもしれませんが、安心して頬ずりできるようなスキンケアアイテムを選びたいですね。シワ防止のためにも、お化粧をした日は欠かさずクレンジングして下さい。クレンジング処理をしないと、肌に負担がかかってしまい、シワの発生する確率が高くなります。また、顔を洗う場合には、洗顔料でしっかりと泡を作って、優しく洗顔をするようにして下さい。乱暴な洗顔や、肌荒れを起こしたりといったことが、シワの発生に繋がってしまいます。

顔に刻み込まれてしまったシワ、なんとかできるならきれいさっぱり消し去ってしまいたいものです。シワのできる原因はさまざまあれど、つまるところこれは老化現象であり、もう一つは紫外線の影響が、すさまじく大きいことがわかっています。

できてしまったシワをどうこうするのは難しいですが、防ぐために紫外線をカットできる日焼け止めを利用したり、日傘や帽子も使って一年をとおして紫外線対策をおこない、それでも日焼けをしてしまったのなら日にちをおかずに、できればその日のうちにしっかり肌をクールダウンしてあげて、化粧水を吸収させたら、美容液でしっかり保湿して、シミ予防、乾燥防止につとめましょう。こういった日々の積み重ねが、抗老化に繋がるワケです。気がつけばいつの間にかアラサーになり、日々の仕事をこなしていたある日の事、鏡に映った自分の姿を見てびっくりしてしまいました。

鏡に映りこんだ目の下のクマ、はっきり増えているシワ、これらが今の私の生活を突きつけられた気がしました。

この衝撃の日以降、私は心に誓いました。どんなに疲れて帰宅してもメイクしたままの顔で眠ってしまったりしないよう、ちゃんと一通りケアをして、お肌を守ってあげよう、シワを増やさない努力をしようと心に決めました。洗顔時に熱湯を使用すると要らない汚れだけでなく必要な皮脂も落としてしまいますし、洗えてない部分があるとカサカサ肌の原因やニキビなどの肌あれを招くので注意することが大切なのです。

洗顔後は、直ちに惜しみなく化粧水を優しく顔に当て吸収させ、化粧水で終わらず、あとに乳液を塗ることで水分を閉じ込めて下さい。より乾燥が気になる目持と口元は、少し厚めに塗るようにします。

自分は敏感肌なんだからといって、敏感肌専用のスキンケア用品を使えばいいというものでもございません。お肌の状態は人それぞれで違ってきますので、肌が過敏な状態の時には、必ず使う前にパッチテストを行って下さい。さらに、肌の潤いを失わない為にも正しく洗顔をしていくことが大事です。